Group Break & Beckett Grading Service

大変お久しぶりです。
あんこです。

間がかなり開いてしまいましたが、
今回は2つ、自身初イベントを終えたのでそちらの記事になります。

1.初海外Group Break参加
以前から興味はあったのですが、なかなか参加できずにいました。
フォロワーさんに声をかけていただき、初参戦です。

やはり主戦場、選択肢が多いです。
特に大きいのが、チーム選択式があるところです。
チーム毎に金額が変動し、好きなチームに先着で申し込めるというものです。
封入率など色々な要素で値段が決められるため、プロダクトでまったく変わってきます。

今回のプロダクトは2015 Bowman Chrome Hobby 1CASE。
選択チームはもちろんIndiansです。
注目株のBobby Bradley、Rookie AutoにはROY争い中のFrancisco Lindorがあるため、
かなりホットなスポットです。
個人的に推しているUrshelaも!

開封は日本時間深夜2時とかだったので朝起きて動画を確認。
すると…


Chrome Prospect Orange Wave Refractor Bradley Zimmer
2015_BowChr_OrangeWave_BradleyZimmer

!!
Chrome Prospect Purple Refractor Bobby Bradley
2015_BowChr_Purple_BobbyBradley

!!??
Chrome Prospect Autographs Bobby Bradley
2015_BowChr_Base_Auto_BobbyBradley

!?!?!??!?!?!?!!
Prime Position Autographs Clint Frazier
2015_BowChr_Insert_Auto_ClintFrazier

はい、大成功でした。ビギナーズラックですねw
もう大満足です。

 

 

2.初グレーディング
こちらもやり方を丁寧に教えていただいたりして興味はあったのですが、
あまり枚数が少ないと費用面でかさんでしまうので足踏みしていました。
こちらは合同で鑑定に出していただくことができたので、助かりました。

出したのは5枚。
なるべくキレイなものを出しましたw

2012 Bowman Chrome Rookie Auto Orange Refractor Trevor Bauer
2012_BowChr_Orange_Auto_TrevorBauer_BGS9
Centering 8.5/Corners 9.5/Edges 9.5/Surface 9/Total 9
Autograph 10
某トゥロファンの方からトレードしていただいた大事なカード。
Centeringばっかりは印刷のときに決まるんでどうしようもないですね。
Toppsさんおねがいしますよーw
他はカンペキ!ホントきれいなカードです。
来年もローテーション守ってね!!

 

2014 Bowman Platinum Relic Auto Canary Refractor Jorge Soler
2014_Bow_Platinum_Canary_Auto_JorgeSoler_BGS95
Centering 10/Corners 9.5/Edges 9/Surface 9.5/Total 9.5
Autograph 10
横浜の某店でパック買いで火がつき、追いまくった思い出のカード。
Asia版限定でこちらもきれいなカードです。
去年衝撃的なデビューを果たし、今年もなかなか活躍しましたねSoler。
厚みのあるカードはEdges、Cornersが厳しいと聞いていました。
やはりここではEdgesの評価が厳しかったです。

 

2014 Topps Archives Stadium Club Firebrand Auto Wil Myers
2014_ToppsArchives_Insert_Auto_WilMyers_BGS95
Centering 10/Corners 9.5/Edges 9.5/Surface 9.5/Total 9.5
Autograph 10
こちらも横浜の某店でパック(略
見てのとおり奇抜なDie-Cutカードなので、完全に保護目的で出しました。
そしたらこの高得点でビックリ!
もうPadresに移籍してしまいましたが、ケガを治して頑張ってほしいです。

 

2014 Bowman Chrome Prospects Orange Refractor Kris Bryant
2014_Bow_Orange_KrisBryant_BGS95
Centering 9.5/Corners 9/Edges 9.5/Surface 9.5/Total 9.5
こちらも横浜の某店でパッ(略
まさかここまで高得点がつくとはおもわなかったです。
今年ROYはほぼ確実かな?Cubsの救世主ですね。
果たしてポストシーズンでBack to the Futureできるんでしょうか。
来年以降もさらに飛躍してほしい選手です!

 

2014 Bowman Chrome Prospects Auto Kris Bryant
2014_Bow_Base_Auto_KrisBryant_BGS10
Centering 10/Corners 10/Edges 9.5/Surface 10/Total 10
Autograph 10
まさか初参戦でTotal10もらえるカードが出るとは…
しかもこのカードで…
上のOrange Refと同じBox、しかもWinkerのAutoのすぐ下にレデでいたというすごいカードです。
大変なことになりました。

 

ということで初物2連発は両方とも大成功ということに。
味を占めてまたやっちゃいそうですね。

代行していただいたお二方に改めて感謝を。
ありがとうございました。

2 thoughts on “Group Break & Beckett Grading Service

  1. はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております者です。
    実は私も海外GBに興味がありまして挑戦を考えているのですが、おすすめの主催ショップなどはあるのでしょうか?また、日本への送料はやはり高いものなのでしょうか?

    • はじめましてこざとへんさん。
      私の場合すべて友人に委託してしまっていますのであまりいいアドバイスができません。
      1回挑戦しようとして見ていたのは

      LaytonSportsCardというショップです。
      大手なので評判は良さそうです。
      送料込みのところもあれば別途負担のところもあるようなのでチェック必須ですね。
      全部英語なのでなかなか難しいかと思いますが、選択肢が増えるので一度できてしまえば楽しみも倍増しそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.